MENU
boseki_03

お墓選びについて

ココが分かれば、まず安心。お墓選びの重要項目!

墓地が決まれば、次はお墓です。墓地同様、お墓にも様々な種類があります。
デザインや機能性、またはお墓掃除のしやすさまで、あなたがお墓に求めるものをしっかり整理し、理想のお墓を目指しましょう。

全国版 お墓のアンケート

今もっとも選ばれている形は?

伝統的な和型の墓石は安定した人気がありますが、近年では、洋墓やデザイン墓石も勢いを強めています。

お墓の平均予算はいくら?

近年墓石の平均予算は162万円との結果が出ています。
300万円以上の墓石に関しては、約7%となっています。

お墓の形について

お墓の様式について

お墓には形だけでなく、様式や宗派、または地域によっても様々な特徴があります。
あなたが住んでいる地域や属している宗派のしきたりなどを考慮した上で、お墓の様式を決めていきましょう。

1.個人墓

個人を祀るお墓。他人が入ることはありません。近年では自分の好きなものを模した形を生前に建てる方が増えています。

2.夫婦墓

夫婦を祀るお墓。子供がいない・娘ばかりで跡取りがいないなど、お墓を継ぐ人がいない夫婦のためのお墓です。

3.家族墓

子孫へと受け継がれていく、もっともポピュラーな様式。
納骨のたびに墓誌や墓碑に戒名などを記していきます。

4.両家墓

夫婦の家をひとつにまとめて祀るお墓。長男・長女どうしの結婚、一人娘の結婚など、お墓を継ぐ人がいない家族のためのお墓です。

5.永代供養墓

お墓の後継者がいない方や、身寄りのない方を永代にわたって祀るお墓。お墓の所有権は「企業」や「団体」名義になり、その企業や団体がなくならない限り、永代にわたり管理・供養してくれる。別名「共同墓」または「集合墓」と呼ばれ、一般的に他人と一緒のお墓、または同じ納骨室(棚)に遺骨が安置されます。

地域性と宗派について

地域と宗派はお墓に深く関わる重要な要素のひとつです。各々のルーツに根付いたしきたりや決まりごとと、あなたの想いをうまく組み合わせれば、世界にたったひとつだけの素敵なお墓ができあがるはずです。

1.地域性

日本は地域によって、お墓についての考え方が異なります。例えば、東日本は黒い石、西日本は白い石をよく使う傾向があります。地域の特色をきっちり把握することは、お墓づくりのひとつのポイントと言えるでしょう。

2.宗派

日本には多くの宗派が存在し、宗派ごとにお墓のスタイルが違う場合もあります。地域同様、あなたが属している宗派の特色を知っておくことが、お墓づくりに役立っていくはずです。

◆ポイント◆
本来お墓には決められたルールはありません。「あなたがどんなお墓をつくりたいのか」が大事なのです。
地域や宗派のしきたりに沿ったお墓もよし、固定概念にとらわれないお墓もよし。
「誰のためにお墓をつくるのか」この一点を忘れなければ、どんな形をしていても素晴らしいお墓と言えるでしょう。

top_43